指値注文とFX取引

取引といいますと、最もスタンダードなものが株式取引でしょう。株式取引につきましては、特にバブル期などはどこまで上がるのだろうか、というようなところまで上がっていくようなこともありました。いわゆる夢のあるような取引ができたのです。バブルというようなことが再びあるかは分かりませんが、バブルがはじけた後は暴落しまして、まだまだバブル期のような水準には達していないのが現状です。そのような株式取引ですが、ある注文方法がありました。それは指値注文というものです。経験したことがある方も多いのではないでしょうか。その指値注文ですが、なにも株式取引だけに採用されている方法ではありません。株式取引以外で最近されている取引であるFX取引でも、採用されている注文方法になっています。FX取引ですが、株式取引にとって代わってきているほど注目をされています。株式というものは一時期はずっと下がり続けているような状況でした。そのような時にはいくら取引しても、なかなか利益が出ないというようなことも実際にあったのです。一方でFX取引ですが、為替を取引していくものになっています。FX取引ですが、それほど価格の変動は大きくありません。

しかし、1日のうちにかなり変化が加わっていくことも多くなっているのです。そういった状況ですので、取引としてはうまみがあるということで参加している方が多くなっているのです。そんなFX取引でもよく指値注文というものが行われているというわけです。その指値注文ですが、具体的にどのようなものになっているのかも気なるところでしょう。それほど難しい存在にはなっていません。具体的には、希望価格を指定しまして注文を出すというものです。前もって購入する価格を設定しまして、その価格になりましたら指定された金額分を購入していくということです。非常に分かりやすい単純な取引方法であるというようないい方もできるでしょう。また、もちろん買いだけに指定されるわけではありません。売りにも指定できるようになっていますので、売りと買いの双方に対応できるようになっているというわけなのです。もう少し指値注文を詳しく見ていきますと、買い注文であありましたら指値以下で約定していくことになります。

そして売り注文なら、指値以上で約定していくことになるのです。指値注文はFXでも大いに活躍できる内容です。リアルタイムで取引できないような時に活用していかれるとよろしいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です