経済入門をFXから同時にお得にはじめるススメ

円高である。日本に昨年新政権が誕生して以来、新首相のバブルで株式市場は沸きかえっているが、当面の材料は出尽くしてしまった感があり、今後はさらなる金融緩和の現実的な実効性を見るまでは、再び円安に振り子を戻す傾向に行く要素が濃くなるかも知れない。そもそも論だが、何故日本が円高不況と言われるとかを、一般の消費者には株式相場や平均株価の推移よりも、なかなか分かり難いところがあるだろう。何故なら、日本はこれまで農作物を初めエネルギーから雑貨、日用品にいたるまで、その多くを輸入に頼っている輸入大国である。経済産業省を筆頭に、経済成長と共に物資は輸入で賄われれば良いと言う経済システムを長い間かけて構築してきた経緯がある。その中で、環太平洋貿易協定等の経済枠の中に組み入れられた場合、日本が円高でいる意味がそれほど悪い理由は、末端消費者からはどうしても見えてこないものなのである。その理由を分かりやすく解明する方法の一つとして、FX初心者をはじめて見ることを多くの人にオススメしたい。FXとはギャンブルの様なイメージが先行して語られる事が多いが、そもそも論でこのシステムそのものが、現在の世界金融を動かしていると言っても過言ではない。小額の元本で誰もが簡単に始められ、為替市場に参入できるこのシステムは、これからの経済を知る上でも一度は経験してみて損は無いと思われる。今の経済全般的に繰り広げられているジャパニーズスペキュレーションと言ったものに、日本の政府と経済指針と経済政策は、言ってみれば翻弄されている側面がある事も否めない。日本の為替市場と日本政府の金融における市場は国債の質と金利のコントロールで保たれているが、これの持ち株自国比率が最近90%を割り込むところにまで迫ってきた。つまり、市場では明らかに日本が食われているのである。

では、日本の資本はどこにあるのか。それは海外に出ているのである。世界中でFXをする日本のトレーダーの影響で、日本の経済はこの為替の影響を直に受けている現状がある。その最たるものが日本の通貨である円である。世界中に拡散する日本の個人FXトレーダー達のフローマネーは、言わば世界通貨の渡り鳥であり、そうした円を中心とした為替の流れが、そのまま経済を構築してしまっている側面もある。

もちろん、FXだけで世界が動いているわけではないが、そうした世界の側面を肌で感じながら資産を増やす事の出来るFXを、是非この円相場に世界の個人投資家の注目が集まっている機会に、始められてみるのも、いかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です