FXではトレードの反省をする事が大切

FXは、いつでもトレードする事ができます。しかし、それだけに、トレードにおける基準が必要なのです。自分のトレード基準を持たずに行えば、相場に振り回される恐れがあります。自分のトレード基準を持つとは、トレード手法を構築する事でもあります。どの通貨ペアを選択して、いつ、どのようなタイミングでトレードするのか決めます。そうしておけば、目先の勝敗に熱くならずにトレードできるでしょう。FXにおけるトレードの手順は、とてもシンプルです。通貨ペアを選択したら、それに対して売買のどちらかのポジションを持ちます。

そして、反対売買によって手仕舞いをして、ポジションをなくすのです。注意したいのは、このポジションは資産ではない点です。株式のような有価証券と異なり、これは一時的な状態でしかありません。その為、いつかは必ず手仕舞いをする必要があるのです。

しかし、FXのトレードはシンプルなのですが、それだけに判断に悩みます。自分が行ったトレードは、とても貴重な資料です。きちんと検証して、自分の判断が正しかったか確認する事をお勧めします。自分のトレード手法の精度を高くする為に、とても有効です。優秀なトレーダーの条件とは、自分の過ちを認められる事です。自分のトレードを振り返ってみれば、自分の過ちを見つけられるでしょう。間違いが分かれば、再発防止をする事で対処できます。トレードの反省ができれば、トレーダーとしてレベルアップできるのです。ただし、ただトレードの反省をするだけでは成長しません。その反省を、きちんとトレード手法に反映させなくてはいけないのです。失敗した原因を突き止めて、確実に予防できるルールに変更しましょう。FXのトレードで頼りになるのは、自分のトレード手法だけです。だから、自分のルールに従ってトレードをして、それを修正していくべきです。同じ失敗をしない事は、FXにおいても大切なのです。FXでは、トレードに負ける事がよくあります。しかし、勝敗を競っているのではなく、お金を増やす事が目的なのです。それを忘れずに、損小利大を目指しましょう。一定期間において黒字にする事で、初めて資産運用として成り立ちます。FXのトレードは、とても刺激的です。それだけに、トレードをする事が目的になってしまったりします。そうなってしまったら、本末転倒ですよね。トレードの反省をする事で、そのような事態を防ぐべきです。FXを資産運用とする為にも、トレードを見直す習慣を作っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です