fxで重要なチャートの見方

fxをトレードしている人の中に、チャートの見方を知らない人がいるそうですね。これは非常にもったいないことです。チャートにもいくつか種類はあるのですが、ローャN足を基準にしている人が多いのではないでしょうか。このローャN足の一本一本にちゃんとした意味があります。値動きによって、陽線が出たり陰線がでたり・・・さらにこの並びによってもまた意味があるんです。これは昔からある言葉なのですが、たとえば、長い陰線のあとに、短い陽線、その次に少し長めの陽線、さらに最初の陰線を越えるほどの陽線が出た場合、『明けの明星』といいます。この明けの明星とは、空がだんだん明るくなっていくという意味で、相場も上昇に向かうことを意味します。これ以外にも、ローャN足の並びによって、いろいろな呼び方があり、意味があるのです。時間があるときにでも、fxの過去のチャートを見ながら、それに合う言葉を探してみてください。ローャN足の見方がわかるようになると、fxをする際も瞬時に上か下かの判断ができるようになります。最低限、ローャN足の読み方はマスターしましょう!一本のローャN足は、『始値』、『高値』、『安値』、『終値』で告ャされています。これを理解するだけでもチャートの見方は変わるはずです。しっかりと勉強しましょう!そして、ローャN足を理解したら、それと組み合わせる指標の見方をもチェックする必要があります。指標との組み合わせによって、エントリーのポイントをより正確に割り出すことが出来るようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です