fxの仕組みについて考える

ここでは、fxの仕組みについて考えてみようと思います。fxの仕組みは、レバレッジを効かせることで、利益を大幅に得ることができます。株式であれば、数ヵ月後には企業の価値が5倍になる可柏ォもあります。しかし、為替というのは、基本的に大きく動くものではありません。大きく動いたとしても、数円動けばいいほうでしょう。ここでレバレッジが効いてくるのです。株式であれば、多くても3倍までしかレバレッジを効かせることはできませんが、fxであれば25倍までレバレッジを効かせることができるのです。レバレッジ規制がかかる以前は、業者によっては100倍というところもありました。fxが世に出回った当時は、少ない資金で取引できるということで、ハイレバレッジで取引をすることで、大金を手にする人もいれば、全財産を失ってしまった人もいるのです・・・。証拠金取引というのはとても画期的な仕組みではありますが、より投機的になり、投資家保護の観点からレバレッジ規制をするに至ったのです。ただ、海外の業者に関してはこの規制は適用されません。業者によってはレバレッジが400倍のところもあるのです。なにぶん海外ですので、業者の信頼性という意味では、見極めが非常に難しいのが正直なところです。口座開設はすべて英語になりますので、抵抗がある人もいるかもしれませんが、口座開設の仕方を教えてくれるサイトも存在しますので、そちらを参考すればいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です