FXの初心者が安心して稼ぐ方法

FXは今や主婦や学生でも気軽に稼ぐ事が出来る投資方法として大変大きな注目を浴びている投資方法の1つですよね。この魅力はたくさんありますが、少ない資金で始められることが大きいですね。しかもレバレッジをかければ証拠金の何倍、何十倍という高額のお金を動かし、たくみに利益をはじき出すことも出来ます。また株と違って銘柄(通貨)数が圧倒的に少ないので、ターゲットにする通貨ペアを絞り込むことが出来ます。FXを取り扱っている業者もどんどん増えていて、様々なサービスを提供していることもありがたいことです。特に売買時にかかる手数料が無料のケースが多いので、取り引きによって得た利益はそのまま儲けになるのがメリットです。ただしこういったメリットが多い反面、実はFXで多くの損失を出している方も少なくないのです。先に述べたとおりにFXの魅力の1つにレバレッジがありますが、10倍とか20倍あるいはそれ以上のレバレッジをかける場合、相場が良い方向に動いているときには少ない自己資金で多くの利益を生み出し確定することが出来ます。

しかしながら相場があなたの見込みと逆の方向に動いていってしまった場合には、その損失もレバレッジがかかった額になるので、最悪の場合はロスカットになってしまいゲームオーバーです。ビギナーズラックという言葉がありますが、FXの場合にもこれがあり、このビギナーズラックに乗って勝ち続けていて、損切りも入れずに大きなレバレッジをかけたままでいると、あとできっと痛い思いをされる事になります。「低レバレッジと損切り注文」は、FXに関する本やマニュアルには必ず記載されている言葉です。FXはプロでも時に大きな損失を出してしまうこともある投資ですので、しっかりと鉄則を遵守して投資をしていきたいものですよね。ただ投資に素人の初心者でもやり方次第で損を小さく利益を大きく出すことが出来ますので、是非積極的にFXを行って下さい。初心者の方はまずはせいぜいレバレッジを5倍程度にして、損切り注文はタイトに入れておきましょう。損切り注文はどの通貨を扱うかによって変わって来ますが、値動きの大きい通貨は為替損益による利益も大きければ、逆に損失も大きいので注意が必要です。いずれは想定された方向に行くからと言って放置しておくと、いつになっても約定せずに塩漬け状態になってしまいます。

ですので全勝することは考えずに、小さな損には目をつぶって大きな利益が出るように、取り引きをする際には必ず損切りを入れておくことが、FXの初心者が安心して稼ぐ方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です